Q1.サーキット走行には「スーパーHi」「スポーツA・B・C」と「エンジョイ」クラスがありますが、クラス分けは自己申告なのでしょうか?それとも主催者側で判断して振り分けるのでしょうか?

A1. 参加クラスは 速度については自己申告、装備と車両には規定があります。

◆速度について:
朝のミーティングで各クラスの説明をします。各クラスには基準タイムが設けてありますので、基準タイムに従って、自分が一番楽しいと思うクラスを自由に選んで走行して下さい。速度が合わなかったら、ご自分の判断でクラスを変えてください。決める時も変更する時も届出は必要ありません。
セッティングや速度の違う仲間と一緒に走るために違うクラスに入る時は、必ずそのクラスの基準タイムを守って下さい。
もし、明らかにそのクラスのスピードと違う場合は、速くても遅くても危険ですので、マーシャルからフラッグで指示が出ます。その指示に従ってください。無理な追い越しや、あおる等危険な走行をする方は走行を中止していただきます。


Q2. サーキット走行にはタイム計測はありますか?

A2. ライダースパラダイスは限界に挑戦するのではなく、余裕を持って楽しく走る事を目的としていますので、人と比較したり順位をつけるための計測はしませんが、今の自分を知るために サーキットのポンダー(計測器)を11000円で借りる事ができます。タイムはモニターで確認できます。午前と午後の結果をそれぞれ一覧表にしてもらえますので、練習の目安にしてください。


Q3. レーサー車両は参加できないのですか?

A3.このご質問にお答えするには、「ラ・パラ!」の目的などもお話しなければなりません。最後まで読まれてから、参加されるかどうか決めてください。

簡単に言いますと、『ラ・パラ!』は限界に挑戦するレースではなく、楽しむ走行会です。「公道走行可の車両」と書いてあるのは、人と競ったりレースをしてはいけないからで、前をつついたりせず自分で練習課題を見つけて練習できる方や、気持のいい走行を楽しみたい方なら、どんなバイクでも結構です。つまり、制限しなければいけないのはバイクの種類ではなくて、どういう走り方をするか、なのですが、言葉で表現するのがとても難しいので、分かりやすく「公道走行可の車両」と表現しています。ですから逆に、公道走行可の車両でも前をあおったり強引に抜いたりする方は、参加できません。

つまり、人と競わないと面白くないという方には、全く向かない走行会です。サーキット未経験の方も多いので、ライン取りなどでサーキット走行の当たり前が通用せず、走りにくい事もあるかもしれません。そんな中でも、タイムや追い越し以外に自分なりの課題や楽しみを見つけたり、パドックのコースも走ってみようと思われるなら、レーサーの方も是非ご参加下さい。

もう少しだけお話しすると、サーキット走行会は本当に事故が多いのです。しかも、ミスした人の単独事故ばかりではなく、人を巻き込む事故が非常に多く起きています。一般的に走行会では、骨折者が出たり、ケガは軽くてもバイクが廃車になったり という事は珍しくありません。その事故の多くは追い越しをしようと焦ったり、前の人についていこうと無理をしたり、タイムアタックをしている時に起きます。つい自分の力以上の事をしてしまうのです。「ラ・パラ!」のスポーツクラスはそんな事故を起こさない為に、じっくり乗りながら自分の力を知り、人のラインを消したり(他の人の走行ラインをふさぐように走ってしまう事)しないうまい走りを学ぶ練習の場、また自分より速い人の走りを研究する場と考えていただければいいと思います。1日でうまくなろうと焦らず、練習を積み重ねてうまくなって下さい。


Q4. 追い越しの制限はありますか?

A4. 基本的に追い越し制限はありません。ただ何度も言いますがレースではありませんので、すれすれで追い越してはいけません。追い越される側がヒヤッとしないように かつ追い抜く側も危なくならないような追い越しをしてください。いずれにしても周りの状況を把握してスムーズな走行ができるスキルの高いライディングを目指しましょう。


Q5. ひざ・ひじプロテクターはジャケットに装着されている物でもいいのですか?

A5. ハードタイプ(またはCE規格適合相当)であればウエア内蔵でも上からマジックテープ等で止めるタイプでも結構です。パッドの薄い物や規格に満たない物は保護効果が低いのでNGです。転倒したことがある方はご存知だと思いますが同じ転倒でもプロテクターの装着の有無でケガの度合いが大きく変わります。痛い思いをしないためにも心おきなく練習するためにも、自分にあったプロテクターをつけて下さい。

プロテクターの代表的なメーカーをリンクしますので、参考にしてください。
潟Aールエスタイチ潟Nシタニ潟Rミネオートセンターダイネーゼジャパン潟Lジマ


Q6. 事前エントリー後にキャンセル(返金)や参加日変更はできますか?

A6. 申し込みだけでしたらキャンセルできますが、振込後は天変地異などでサーキットが閉鎖された場合を除き、一切 返金や参加日変更ができません。(雨なら不参加という方は、当日エントリーをお勧めします)
サーキット貸切イベントは一般的にそういうものですが、「ラ・パラ!」では独自の2つの救済方法を設けています。


【方法1:参加者交代】
参加者交代可能です。代わりの参加者のお名前をお知らせください。連絡が間に合わない場合は当日の受付時にも変更できます。
・参加者交代には事務手数料2,000円が必要です。当日払いです。


【方法2:参加日変更の特例】
150名を超えた場合に限り、参加日を変更できます。
・参加日変更ができる場合は 後ほどメールでご連絡します。
・平日から週末開催への変更は差額をご負担ください。
・有効期限は、同シーズンの最終回までです。
・繰り越しには事務手数料2,000円が必要です。当日払いです。



Q7. 1人でバイクを2台持ち込めますか?

A7. 2台でも3台でも持ち込めます。持っているバイクを総動員(?)して楽しんでください!



Q8. 2人で1台のバイクの場合、エントリーは1人分でいいですか?

A8. 「ラ・パラ!」は走行時間の制限が無いのでバイク1台でも2人ともエントリーしていただく必要があります。



Q9. テント・イス・テーブル・工具箱などの持ち込みは可能ですか?

A9. 参加者の皆さんは全く問題ありません。できるだけいい環境で走行を楽しんでください。
   テントをお持ちの方は 特に真夏などは是非お持ちください。
  【参加人数より見学者数が多いチームの方へ】屋根下ピットへの見学者用イス等の持ち込みはご遠慮ください。



Q.10 見学の友達も 一緒にピットにいられますか?

A10 見学の方も一緒に居ていただいて結構です。(バイクはピットには駐輪できません)
   ただし、友達グループの中で参加人数より見学者が多いような場合、屋根下ピットに見学者用のイス等を持ち込むのは
   ご遠慮ください。ピットが混んでいる場合は、参加者さんが優先です。状況に合わせて調整してください。
   見学者のバイクはピットへは入れません。


Q11. 雨天決行とありますが、ひどい雨や台風、積雪などでも中止されないのでしょうか?

A11 開催か延期かは、会場が閉鎖されるかどうかで決まります。ツインサーキットさんの場合、普通の雨なら
   強雨でも開催です。来場途中の道が雪等で通行止めになっても、サーキットコースが走行可能であれば
   開催されます。当日 会場のある鈴鹿市三宅町に何らかの警報が出ている場合は延期となります。天候
   が変わりやすい場合、最終決定は当日朝 6:00頃となる場合があります。延期された日に参加できない場合、
   またはスケジュールの関係で延期開催ができない場合は、同じ年の他の「ラ・パラ!」に振り替える事が
   できます。万が一 中止となった場合は、「ラ・パラ!」HPの緊急連絡欄でお知らせします。


Q12. 午前中だけや午後だけの参加はできますか?

A12. ミーティングに参加する必要がありますので、午前のみの走行は可能ですが、午後のみの走行はできません。
   参加費は、
半日の走行でも同額です。


ライダーズネットTOPへ | 走行イベント | 会員になる | あなたにできる事 | ライダーズネットができる事 | 企業ショップの皆さまへ
ライダーズネットについて | メルマガ登録・変更

【お問合せ】お名前・電話番号を明記の上、hello◎nporidersnet.org (◎を@に変えて送信)までお問い合わせください。